しおのゆの『ウチの王子☆サンパウロへ行く』

2011年3月末よりサンパウロ在住。この間まで現役で働き、家事なんて疎か極まりなかったこの私。そんな私が専業主婦になれるのか!しかも場所は地球の裏側サンパウロ!
Posted by しおのゆ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しおのゆ   0 comments   0 trackback

出国編その6

この記事で多分サンパウロに到着できると思う…(笑)

満席の飛行機で荷物が入れられず困っていたところに出会ったブラジル人カップル。
男性の方が日本語が堪能だったため、サンパウロまでの12時間、
この二人からブラジルについてたくさん聞くことができた。
そしてこの出会いによりブラジルについていろんな理解を深めることが出来たのだった…

ヘナトとシモーニ
この名前だけ聞くとどこかの映画のタイトルのような二人。

とってもデッカイ男性がRenat(ヘナト)さん35歳。
それはそれは美人な21歳がSimone(シモーニ)
ドバイの空港で
『めっちゃ美人がいる
と思っていたのがシモーニだった。

ヘナトとシモーニは栃木県で働いていたのだが
先の地震と原発問題で一時ブラジルに帰国することにしたんだそうな。

ヘナトは日本に来て10年以上経つので日本語はぺらぺら。
対するシモーニはまだ3年と言うことであまりしゃべれない。

でもいいんだよシモーニ…
美人はほほえんでいてくれたら…
そのくらい美人である。

言っちゃ悪いがそんな美人と35歳の陽気なオッサンがどうしてカップルなのか信じられないアタシ。
そしてそのまま素直にその疑問をぶつけてみた(笑)
一歩間違ったら国際問題である。

するとヘナト大爆笑
『そうそう俺オッサンだからぁ(笑)』
あ、別にいいんだそこ(笑)
『でもシモーニはオッサンが好きなんだもんねぇ!』
オッサンが好きでもシモーニくらい美人なら他にも素敵なオッサンはたくさんいるだろう…w
『結婚しててもいいんだもんねぇ!』
結婚しててもシモーニくらい美人なら…





ん?
ヘナト?あんた結婚してんの?

取り調べてみるとヘナト容疑者(35歳)はなんと結婚していて子供が二人もいるのである!
その子供も上は12歳。
シモーニと9歳しか違わないのだ!
ってことはシモーニ(21歳)はJAPANでいうところの『愛人』さんなのである…

ちょっと待て!
シモーニくらいの…(以下上記の通り)
愛人ってアンタ!
さらに取り調べを進めると、この飛行機にその息子二人と本妻も乗っていると言うではないか!

シモーニもシモーニで
大混乱するアタシを尻目に
美しい微笑みを絶やすことなくうなずいている。

…それでいいわけ?
シモーニに日本語で突っ込みを入れるアタシ。
『彼はとてもやさしいから…
…優しい独身は他にもいるよ?
『一緒にいてとても楽しいし…
一緒にいて楽しいならアタシも結構イイ線いくわよ?
(混乱のため脱線)
答えるシモーニの顔には微塵の迷いも感じられない…
愛人故の悲壮感のかけらも見いだせない。

『日本だったらあり得ないよね』
アタシの疑問も見越したようにヘナトが言った。
うん、ないねぇ
日本だったら愛人と飛行機と言ったらお忍び旅行さ
ブラジルってこういうのアリなの?
素直に聞いてみると

ブラジルでは
『本気で好きならしょうがない』
んだそうな。

それを言い出したら日本だってそうだけど
ブラジルでは事情がちょっぴり違うらしい。

愛人のみならず本妻やその間に出来た子供たちも大事に出来る男が
モテるんだそうな。
そしてその愛人は前妻や子供たちも愛してこそ、男に愛されるんだそうな。

事実シモーニのカメラにはヘナトの息子さんたちとの写真がたくさん収められており
たまにヘナトの座席に遊びにくる息子さんたちもシモーニに懐いていた。

『浮気は男の甲斐性だ』
日本では半ば浮気を容認するための言葉として使われるが
本来の意味は
・本妻も愛人も両方十分な生活(金銭面含む)を送らせてあげられるくらいの甲斐性がある男じゃなきゃいけない
というものである。
まさか地球の裏側ブラジルにそんな恋愛観があろうとは…
びっくりである。

逆にどんなことが不誠実なのかというと…
『愛情をお金で買ったとき』
なんだそうな。
だからブラジル人女子はキャバクラが大嫌い
日本人女子もいい気分はしないが、浮気よりはマシである。

ブラジルは正直もう少し恋愛に対して緩いかと思っていた…
(ゴメン)
でも聞けば人を好きになることに対して
考え方によっては非常に誠実であることがわかった。
事実シモーニは幸せそうだし、ヘナトもイイ奴だった。
国が違えば恋愛観も違う。
自分の物差しだけで測ってはいけないと思った出来事だった。

そしてポルトガル語が出来ないアタシのために
起きている時間たくさんのポルトガル語を教えてくれた。
ブラジルをまったく知らないアタシの質問にも飽きることなく答えてくれた。
ブラジルに対する多くの偏見を二人は取り去ってくれたのだった。

多謝…

その後も二人とはメールをしている
あんなに飛行機で時間を割いてもらったのに
未だにアタシはポルトガル語が壊滅的だ…(笑)
でも二人は気長にしゃべれるようになるのを待ってくれている。
ブラジルでは友達と称して良くないことをする人もいると聞く。
でもアタシはこの二人が友達だと信じてるし
『ブラジル人は友達詐欺をする』
という偏見をまた一つ覆してくれるだろうと信じている。

やっとサンパウロ到着(笑)
長旅(長文)御拝読ありがとうございました(笑)

あ、追伸

ヘナトの偏見
『日本人は話しかけてもちっとも返事をしてくれないんだけど
こんなに話してくれるんだね!
っていうかしおのゆは面白いね!
日本人は本当は面白いんだ!』

…ヘナト
その偏見は覆さない方がいい。
何故ならアタシがよくしゃべるだけだから(笑)

ちゃんちゃん♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://shionoyu.blog81.fc2.com/tb.php/12-386b6c37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。