しおのゆの『ウチの王子☆サンパウロへ行く』

2011年3月末よりサンパウロ在住。この間まで現役で働き、家事なんて疎か極まりなかったこの私。そんな私が専業主婦になれるのか!しかも場所は地球の裏側サンパウロ!
Posted by しおのゆ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しおのゆ   0 comments   0 trackback

サンパウロ茶会事件

言葉(ことば)
話す・書くなどの行為をする事によって
情報伝達手段となりうる意味があるものの総称。
心・気持ち・思い・考え等を表す手段の一つである。
学術的分野では、「言語」とも称される。
(中略)
人間は社会を形成して生きている。
社会は互いに自分の意志を相手に伝え、
認識を共有する事で営まれている。
この為、自分の意志を相手に伝えたいという人間の欲と
社会習慣が言葉を生み出したのではないかと考えられている
(Wikipedia参照)

今日何となく入ったカフェでの出来事

一人の女性が叫んでいる
『Cha!(チャー)』
(お茶!)
店員さんが繰り返す
『Chá?(シャー)』
(お茶ですか?)
また女性は繰り返す
『Cha!(チャー)』
(お茶だってば!)
店員さん超困る
『…Esse é chá』
(それがお茶ですが…)

このやりとり
オチはこういうことだ

この女性、実はアルゼンチンからの旅行者
アルゼンチンではお茶と言えば『マテ茶』(らしい)

方やブラジレイロの店員さんの手には
『紅茶』『緑茶』『アロマティー』
が、握られていた…

どっちも間違っていない。
お互いお茶と訴えていたことには…

この女性は闇雲にお茶を要求していたわけではない。

アルゼンチンの公用語はスペイン語
スペイン語でお茶は
『Té
(テー)
ブラジルの公用語であるポルトガル語では
『Chá
(シャー)

発音こそ惜しかったが
この女性はちゃんとポルトガル語で話していたのだ。

この一件でアタシが何を言いたいかというと

『語学習得はゴールじゃありませんからー
(もういいか、このネタ)

言葉というのは
それそのものに価値があるのではなく
それを手段とし
て人と人とがコミュニケーションを深められたときにこそ
その真価が発揮されるもんだと言うこと。

このアルゼンチンから来た女性も
アルゼンチンで勉強してきたであろうポルトガル語の
『Chá』
は、ブラジルではマテ茶を指さない。
店員さんも良い勉強になったよと笑っていた。
その経験を持って初めて
『言葉のChá』
になったんじゃないだろうか。

それまでは単なる記号の羅列でしかないと思う。

結果
このネタで盛り上がった前述のアルゼンチーナは
オススメの観光スポットまで教えてもらい
帰って行った。

この『お茶会事件』を取っても、
国が変われば、たったカップ一杯のお茶でさえ
話の種になるのだ。
辞書を丸呑みし、
『お茶=Chá』
で、終わってしまうのはもったいない。

もし語学習得に苦労して、
またはやりきった為に燃え尽きてしまい
目標を見失いそうになったら
是非ブラジルの人とお茶へ行くことをオススメする。

そしてその一杯のお茶に込められたブラジレイロ達の日常を
思いっきり堪能し、
できることなら日本の茶の湯の心得でも話してあげて欲しい。

それがきっと心・思い・気持ちを伝える手段である
言葉本来の使い方だと思うから。

本家『ボストン茶会事件』も翻訳する時に面白い事件が起きているので、是非参照して欲しい。


ちなみに

この後、
実はお財布を忘れてお茶を飲んでいたことに気づいたアタシ。
ご近所で一生懸命働く王子にお金を持って来てもらって
事なきを得たことは
ココだけの秘密…

これぞホントの
『お茶会事件』
で、ある…




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)
スポンサーサイト
Posted by しおのゆ   0 comments   0 trackback

Dias amados 語学学校はグロリアス④

学校(がっこう、英語: school)
学校とは、教育のための建物、または学生その他に対して教育が行われる場所のことである。
また、そこでことに当たる人々のことをいうこともある。
(Wikipedia参照)

相変わらず長いね、このブログ。

語学についてアタシなりに(諦めへの)考察を述べてみたが
実際にどうやって今勉強しているかをこれから長々と述べてみる。

アタシは現在
『語学学校にて集団授業を受講中』
でございます。

(そんなに強調して言うほどのものでもない)

理由としては
・文法を正しく理解したかった。
・沢山の人とブラジルを通じて交流してみたかった。
(友達がいなくて(笑))

以上の2点からだ。

前回のブログであげたデメリットはもちろん実際に感じたことである。

そしてもちろんメリットも。

今アタシの通うクラスには総勢11名
年齢も職業も様々だ。
そこで週二回
午前中1時間半ポルトガル語を勉強している。
アタシの集中時間の限界を考えると理想的な時間割。
(もっと長く出来る人が多い(笑))
とても居心地の良いクラスである。

ただサンパウロの片隅で体育座りをしていたら
出会えなかったであろう沢山の友人に恵まれた。

英語 school(スクール)の語源
古代ギリシャ語で、schole(スコレー、暇)。
古代ギリシアや古代ローマの「市民」(市民権をもつ男。裕福で、労働は奴隷がおこなう)が、
音楽や芝居、議論を楽しんだり、スポーツを嗜んだりする暇な時間、
そしてその暇つぶしの場所から由来し、
ラテン語でそれをschola(スコラ)と訳したのが直接の語源になる。
(Wikipedia参照)

放課後(なんか青春❤(笑))になると
誰からともなく近くのカフェにたまって
色んな話をする。
ブラジルで起きた珍事件、日本にいた頃の思い出話、今日の授業の話etc...
こんな『暇な時間』も含めてアタシにとっては学校であり
そこからポルトガル語を学ぶ以上の財産をもらい
齢(よわい)31歳にして改めて人間として勉強させてもらっている。

アタシはブログを始めた当初より述べているとおり
専業主婦
であり
人の金で飯を食っている立場
だ。

この辺をどう思うかは前のブログに書いたので割愛するが
ここで一緒に学んでいるクラスメイト達は
日本から遠く離れたブラジルで
自分の力で生活をし、語学を学び、夢に向かって歩んでいる。

カフェで語っていることなんて軽く聞こえるかもしれないけれど
誰もが一度は夢を描いていたあのキラキラした時間がまたココにはある。

この駄ブログを読んでくださっている貴重な読者の皆様が
どのような立場にあるのかは
この一方通行な手段では知り得ないのが申し訳ないのですが
もし、アタシと似たような立場でこれから語学を勉強するのなら
学校という選択肢は悪くない。

時間はたっぷりあるはずだ。
美味しいランチ
素敵なカフェ
それが教えてくれないことが学校には沢山あると思うから。

恋に恋い焦がれ恋に泣く
心から Ah 愛しいoh (30)teenage memory
永遠の日々 忘れない
Glory days Glory days 輝いている
Yes Yes Dear My Glorious

今更とんでもなくクサイし恥ずかしいかぎりだが
本当に愛すべき輝いた日々を送らせてもらっている。

そんな中一人のクラスメイトが諸般の事情により
日本へ戻ることになった。

夢を追いかけサンパウロで暮らす彼女は
本当に魅力的な女性だった。
(いや、今も(笑))
そんな彼女がアタシは大好きだったし
(もちろん今も(笑))
みんなも大好きだった。
(当たり前だけど今も(笑))

新たな幸せへと歩み出す彼女が
さらに輝いてくれていることを願ってやみません。

そしてこのクラスもいつかは卒業して別々のゴールへ向かって行くけど
きっと素敵な轍がそこにはあると思う。

改めて多謝。

追いかける恋愛も、追われる仕事も近頃のNewsがため息に変える。
深呼吸 新しい時代の行方を照らす生命(メロディー)
高らかに産声を上げてくれ

不器用な日々と夢の轍
抱きしめる あの温もりが消えぬ間に
憧れていた あの雲を
Glory days Glory day 追いかけてる

I sing my Dearm forever
I wish you will be Happy Life !

っていうか
まだ卒業まで半分以上の時間が残ってるのに
こんなしんみりした文章書いてもね(笑)

人生一生勉強
もう一度『学校』に行ってみるのも悪くないよ。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)
Posted by しおのゆ   0 comments   0 trackback

Dias amados 語学学校はグロリアス③

子曰、
「吾十有五而志于学、
三十而立。
四十而不惑、
五十而知天命。
六十而耳順、
七十而従心所欲不踰矩。」
BY 孔子

人生一生勉強。
遅いなんてないんだよと先人は言った。

…はい。

前回
『日本人が外国語を学ぶって、
難しいですから~!残念!』

(ギ〇ー侍)
と、古いギャグまでかまして説明しましたが、
難しいだけで回れ右しても解決にはならない。

先人だって自立したのは三十路過ぎなわけだし、
アタシ(サンパウロ到着時30歳)も重い腰を上げたのである。

しかし失敗の連続だった。

語学を学ぶ方法は大まかに分けると
自分でやる
教えてもらう


があると思う。

前者の方は
やる気と手荷物一つで好きな国へ乗り込んだ方

漂流してしまいニッチもサッチもいかなくなった方
であろう。
(極端)

モチベーションが即生死に関わってくるので
ある意味最も効率よく確実に身につく方法なのではないかと思われるが
環境による補助が必要となる。
(例:漂流、国外追放、自分探しなど)

アタシのように家族と共に来たり
王子のように仕事で来る場合は
周りに母国語環境があふれており
脳みそは生きるのに楽な方法を自然と取っていく為
(アタシだけかしら?)
自分でポルトガル語を習得していくことは
残念ながら効率よくとはいかなかった。

と、なると
後者の『教えてもらう』という方法になるのだが
これもまた
家庭教師
語学学校(個別指導)
語学学校(集団授業)


この中からどれを選ぶかはその人次第なのだが
アタシが思うそれぞれの利点を挙げてみる。

まず
家庭教師学校

家庭教師の先生は生徒本人のレベルや学びたいことに合わせて
テキスト、学習スピードをカスタマイズしてくれる
テキストは先生のお手製のプリントか、市販のテキストを使用。
学力の結果を相対的に見るためには外部に寄る試験を受講する必要がある。

なのに対し

学校はテスト等で大まかなレベルの振り分けが行われるが
学習目的などは個別に対応しておらず
主に文法から入ることが多い。
テキストは過去のノウハウが詰まっているので使いやすい。
校内テスト等で学力の客観的な観測が可能。

そしてもう一つの比較点
個別集団

個別に授業を受けられる場合
やはり最大の利点は
自分のペースで出来る
だと思う。
自分がわからなければ何度でも同じ内容を繰り返すことも出来るし
自分の環境に必要な事柄に特化して勉強も可能だ。

…でも興味のないことは進んで学ぶことが減る。
この辺でいいやと思ったらそれ以上勉強しなくなる恐れがある。

集団授業の場合は
自分の思うようには授業のペースは進まない。
もう理解したことが繰り返されることもあるし
理解しきらないうちに次へ進んでしまうこともある。
じゃあ利点はどこにあるのか
それは
自分では気づかない事柄に気づくことができる
点じゃないだろうか。

自分がわかったつもりになっていた
(間違った理解をしていた)
事柄が、違う視点で指摘されて気づくことって案外多い。
自分のペースはない代わりに他の人の経験値までモノにできる。

上記のことを鑑み
アタシはどうしているのか?

それは長いからまた次回…(笑)

蛇足だが
もしこれから語学を勉強したいけど
どうしたら…

と、お困りの方がいらっしゃったら
微力ながら力になりたいと思っておりますので
コメント欄からでもメールフォームからでもご連絡ください。
アドバイスにならないアドバイスを反面教師がお答えします(笑)





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)

Posted by しおのゆ   0 comments   0 trackback

Dias amados 語学学校はグロリアス②

言語(げんご)とは、コミュニケーションのための記号の体系である。

狭義には人間の音声による音声言語を指すが、
広義には身振りなど音声以外の要素も含む。
また、動物間のコミュニケーションや、
コンピュータに指示するための記号体系を指す場合もある。
(Wikipedia参照)

その昔
13歳の砌より英語を必修とされてきた頃から
こんなことを思ったことはないだろうか…

『こんなに勉強してるのに、しゃべれない…』

私の勉強時間がどの程度だったかは置いておいて(笑)

実際
学校の英語の成績

英会話能力

大きな隔たりを感じる人は少なからずいるんじゃないだろうか。

もちろんそのギャップは
努力と時間と環境が解決してくれる

けれど、日本人が大学卒業までに費やす英語への時間は
世界から見てもかなりの時間数だというのに
なぜかしゃべれない。

逆に一度も海外に出たことがない他国籍の友達が
英語がベラベラだったりするのだ。

何故…
何故こんなことが起きるのか?

これがわかればポルトガル語をもっと楽して習得できるんではなかろうか!!!
(楽をしようと言う心構えはこの際責めないで頂きたい)

そもそも日本語と英語の違いは何なのか。

世界には現在8000を超える言語が存在し
(三省堂・語学大事典参照)
これを起源を元に分類したものを『言語系統』と言い
現在使用されている物は27系統ある。

英語は『インド・ヨーロッパ語族』に属し
この語族の使用者は世界中に25億人あまり。
対する日本語は『起源不明の日本語族』
当然使用者は日本国民1億2000万人のみ。

ちなみにポルトガル語は『インド・ヨーロッパ語族』

…いきなり全否定(笑)

英語の文法体系は
一般に主語 (Subject) - 動詞 (Verb) - 目的語 (Object) の語順(SVO型)
特徴:前置詞(in、on等)
日本語の文法体系は
一般に主語 (Subject) - 目的語 (Object) - 動詞 (Verb)の語順(SOV型)
特徴:後置詞(~で、~に等)

ポルトガル語はSVO型

…やっぱり違う。

つまり日本語は
『違いは何なのか』以前に
起源から文法からまるで違う言語なのだ。
(別名:孤立した言語)

対して『インド・ヨーロッパ語族』同士で勉強する場合
文法をみっちり勉強する必要があまりなく
勉強時間の大半はボキャブラリーを増やすために費やすことが出来る。

アタシ達が勉強するより
圧倒的に効率が良いわけだ。
(納得)

つまり先人達が何故義務教育に英語を組み込み
毎日の様に英語の授業をもうけたのか。

その辺の人達より勉強しなきゃ習得できませんけど~!
残念!!!

(ギ〇ー侍)

っていうことだったのね。

楽をしようなんて思う奴は
海を渡ってはいけなかったのだ。

…現実が見えたところで動かなくては結果がでない。
ここからアタシの語学習得への(オフ)ロードが始まった。

ちなみに
国連の公式文書記録用語は
英語とフランス語
ブラジルの外交官試験は
英語+フランス語+もう一カ国語が必須。
日本の外交官試験は
え・い・ご・の・み❤
(語学試験の話)

…この辺が今の日本外交に現れてるのよね。きっと。






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)


Posted by しおのゆ   0 comments   0 trackback

Dias amados 語学学校はグロリアス①

ポルトガル語

ポルトガル語は、
主にポルトガルおよびブラジルで使われている言語である。
俗ラテン語から発展して形成されたロマンス語の1つで、
スペイン語などと共にインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する。

スペインの作家セルバンテスはポルトガル語のことを
「甘美な言語」と、
ブラジルの詩人オラーヴォ・ビラックは
「ラティウムの最後の、粗野で美しい花」と評している。
(Wikipedia参照)

…上記の件に関して異議を申し立てる。

『どの口が物を言うか!!!』

こんな苦労はアタシだけかもしれないが
動詞の活用に何度泣かされ
名詞の性別を考えてる間に幾星霜…
このポルトガル語に対する賞賛を聞いていると
まるで
『結婚しよう
という言葉を信じて振られた不倫の恋のようである。

そんな不毛な恋を信じて気がついたらサンパウロライフも二年目を迎えてしまった。
甘美で怠惰な恋愛は時としてぬるま湯のように居心地がいい…

つまり少々ポルトガル語と仲良くなれて調子に乗っていた。

そんなある日
恋愛ボケした頭を揺るがす一言が
大してタイプでもない男性の口から発せられた…

『一年もいるのにその程度のポルトガル語なんですか?』
(彼が言った言葉をそのまま引用)

へ?
今なんて仰った?
その程度?
今そう言った?

『おまえの顔が『その程度』じゃ!!!』
(本当はとても良い方です)

言われたときはあまりの衝撃に
内容をすり替えてごまかしたが
冷静に考えたら彼は同じくらいの時間で
小難しいことまで喋っていた。
(気がする)

聞いてみると
家庭教師を週に2回はお願いし
自分でも一日に3時間は勉強しているらしい。

『ふ~ん、くどいのは顔だけじゃないのね』
(繰り返しますが良い方です)

では彼と自分では何が違うのか。

語学を勉強するとはどういうことなのか。

これから語学を学ぼうとする方への
反面教師として(笑)
私が現在に至るまでの語学の道のりをお話ししたいと思います。

…ココまで蛇足?(笑)









にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。