しおのゆの『ウチの王子☆サンパウロへ行く』

2011年3月末よりサンパウロ在住。この間まで現役で働き、家事なんて疎か極まりなかったこの私。そんな私が専業主婦になれるのか!しかも場所は地球の裏側サンパウロ!
Posted by しおのゆ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しおのゆ   0 comments   0 trackback

桜咲く季節に…

世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし…
(伊勢物語より、意味は調べて)

春は別れの季節です。
そして出会いの季節です。

桜はないけどサクランボ味はあるサンパウロ。
ブログをご無沙汰しすぎて検索掛けても引っかからなくなりました。
どうも、しおのゆです。

えぇまだサンパウロにいます(笑)
(まだいたのと実在のお友達にまで言われる始末)

桜舞い散る季節を迎える度にまたひと節目。
気がつけばサンパウロ生活も3年を過ぎました。

何か主立ったことがあったとしたら
学校を無事に卒業しました。
(再度入学してますが(笑))
そのときにスピーチをさせて頂きました。
(笑いが取れて満足)

そして沢山のお友達を見送りました。

2012年だってもちろんお世話になった諸先輩方を見送ったりはしたのですが
2013年は右も左もわからなかった2年間(長っ)を過ぎ、
友人達に先輩だと憧れを抱くだけではなく、少しずつ自分が同じ目線で周りの景色を眺められるようになってきた気がした。
(若干誇張)
サンパウロというある意味異世界で、心から一緒に楽しいと思える友達が出来たと再確認した年でもあった。
世の中捨てたもんじゃない。

でも時の流れは無情である。

アタシがそうであるように
他の大半の人達もここサンパウロが終の棲家ではない。
別れの日はやってくる。

存外寂しいものである。

別れの日は大抵は寂しく思うことはない。
いつもの通り会話して、別れ際に手を振って。
『またね』とつい言ってしまう。
明日からもまた会えそうな気がして。

だから寂しさに気がつくのは
“会えないこと”
に気がついてしまった時だと思う。
お茶(酒)でも飲みに行こうと思ったとき、
慣れ親しんだ携帯番号を呼び出してしまったり
家の前を通った時に元気かなと思ってしまったり。
こんなとこにいるはずもないのに
BY山崎ま〇よし

ある日王子が何を察したのか飲みに連れ出してくれた。
やたらと進む泡の出る何かを飲みながら酔いに任せてぽつぽつと語ってみた。
こういうとき王子は聞き上手でありがたい。

寂しいねぇ…
でもしょうがないよねぇ…
元気かねぇ…
また会いたいねぇ…

そしてふとこうぼやいた。

でも自分がここを離れる日に涙も出ない生き方も嫌だよねぇ…

くしくもブラジルで出会った大親友(しおのゆ勝手に認定)のご主人も似たようなことを仰っておられた。
この駐在が終わった時に来て良かったと思えるようにがんばろう
(若干略)
そして彼女は楽しかったと言っていた。
そして彼女は沢山の人を笑顔にしていた。

もし世の中に全く桜がなかったのなら
散るのを惜しんだり、咲くのを心待ちにしなくてもいい。
そうすれば人の心はどんなに穏やかでいられることか。
(結局意味を書いた)

出会わなければ別れの悲しみを知ることはない。

でも桜のない春がつまらないものであろうことを誰もが知っているように
出会いのない人生もまた味気ないものだ。
落ちる涙もまたイイもんなのかもしれない。

この春また新しい方々がこのサンパウロへと降り立った。

気がつけば迎える側が板に付き
先輩面をする機会も増えた。
(似合ってないし、力量不足)

まだまだアタシ自身学ぶべきことも多いし
お役に立てるかはわからない。
でもこの出会いがほんの少しでも新しい方々の笑顔の助けになればいいと思うし
自分がここを去る日の涙の理由になればいいと思う。

花に嵐の例えもあるぞ
さよならだけが人生だ

ばっかやろ~!
(なんで?)


しおのゆ拝






にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)

















スポンサーサイト
Posted by しおのゆ   2 comments   0 trackback

友達の唄(号外)

友達ってたくさんは作れない。

もし一日を100時間にしてもらっても
両手で数えられるくらいしか会えないから。

だからたくさんはいらない。

100歳まで生きられたとしても
全員に感謝の気持ちを伝えきれる自信がないから。

だから友達でいてくれてありがとう。



前回の記事にて
サンパウロの金妻
『ちびすけさん』
のことを熱く紹介した。

アタシとしては親友のすばらしさを
持てる言葉の全てを使って表現したつもりだったが
伝わりきらなかったようなので追伸(笑)

ちびすけさんを一言で表現するなら
『いい人』
である。
どうでもいい人ではない。

このブラジルにおいて
とんでもない人にだまされないか心配だ。

彼女のブログを読んで頂ければよくわかるのだが
美味しいものを食べては『美味しい』と綴り
楽しいことがあったと思えば『楽しかった』と書き込んでみる。

…別に彼女のブログが馬鹿正直だと言いたいわけではない(笑)

物事を素直に感じることは案外難しくはないだろうか。

美味しかった「けど」接客が悪かった…とか
楽しかった「けど」段取りが悪かった…とか
知らず知らずのウチにアラ探しをしてしまうことって少なからずある。

特に日本を離れ
海外で生活をするとなると
何かにつけて日本と比較して
ダメだと感じてしまうことは多いと思う。

そして彼女がそれを意識して書いているかはわからないが
彼女のブログは自分の思いのダダ流しではなく
画面の向こう側の読み手を見ているような気がする。
自分のブログを見てくれている人が
楽しんでくれるようにと
したためられた文章だと思う。

『もしサンパウロに行ったら』
と、疑似体験しているが如く
細部にわたり丁寧に描写されており、
かつ、読み手が自由に感想を持てるように
余計な先入観を与えないように簡潔に書かれている。

これは小手先一つで書ける文章ではない。
彼女が誰に対しても先入観なく
平等に、そして素直に接してくれる人柄に由来するものだろう。

物事を斜めに見ることしか出来ないアタシにとっては
常にこの海外生活で起こることを
真っ正面から受け止め
素直に感じることが出来るその性格は
同じ時間を生きてきたとは思えないくらい
眩しいものだ。

あまりにもうらやましいが故に
可愛さ余ってに憎さ100倍
つい、いじってしまうのも
いた仕方ない(笑)

正直アタシは人付き合いは苦手だ。
人と会話をするのも
言葉のボキャブラリーへの不安故、
あまり好きではない。
幾度となく音信不通になり
友人達を心配させた。
(スマン)
この日本を離れるときも
『別れるのが寂しいから』
という理由で送別会を避けるために携帯を全て切っておく始末。

こちらへ来てもしばらくは友達らしい友達は誰もいなかったし
作る気もしなかった。

そんな自分でも素敵な出会いがあり
今、とても充実している。
心からお礼を言いたい。

そして不義理をしてなお
地球の裏側に行ったアタシを心配してくれている
数少ないけど何よりも大切な友人達にも
この場を借りてありがとうと伝えたい。

いつともお返し出来るとはわからないけど
残りあと300年くらいは生きるだろうから
その間に少しずつ返していこうと思いますので
これからもよろしくお願いしいますm(_ _)m

…利子はナシで(笑)

基本失礼丸出しのブログだけど
人間嫌いが書くってことは
愛情表現の裏返しとして取ってもらえると助かる。

今日は昨日の悲しみも~
明日への不安も~
全てしまって~
夢見て笑っていようよ~

おかげさまで
今、とっても笑っています。


多謝



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)








Posted by しおのゆ   4 comments   0 trackback

友達の唄⑥

脳は刺激がないとおかしくなるらしい。

こんなに刺激的な毎日を
受け止めきれないのはもったいない。




金曜日の人妻
ちびすけさん

とうとう会うことになったのだが
…こんな時に限って携帯がクラッシュ
まさに
ダイヤル回して手を止めた~
状態だ。
(ダイヤルが回らないだけ)

必死に待ち合わせ場所に向かうアタシ

周りを見渡すと
メールであらかじめ教えておいてくださった特徴の方がたたずんでいる。
2分ほど遅刻していたので
慌ててご挨拶

『は、はじめまして!しおのゆです!!!!』

そして顔を上げると
優しい人妻スマイルを掲げてちびすけさんはたたずんでいた。
こりゃ男性陣もメロメロなわけだ。
でも…でも…

…案外大きい

『ちびすけ』さん
と、言う名前の先入観ではあったのだが
もう少しこぢんまりした方を想像していたのだが
アタシより結構デカイ
エマニュエル坊やとチェ・ホンマンくらい違う。
(ゴメンちびすけさん…)
ちなみにアタシは同世代の平均身長ぐらいだから
彼女の大きさは推して知るべし。

金曜日の人妻はスタイルまでいいのかと思うとビックリだったが
のちにこのデカさの理由が判明する…

毎度のことで申し訳ないのだが
アタシ、洒落たレストランをよく知らない。

今でこそこのちびすけさんや、sayokoさん、あいちーなのおかげで
美味しいお店を覚えてはきたが
人妻とデートできると言うのにお店の一つも予約出来ないアタシ。
男だったらきっとモテないだろう…

するとこのドンくさい武田鉄矢のごときアタシに
浅野温子ばりの大きさと美しさを誇るちびすけさんは

『私…お野菜のビュッフェ知ってるんですけど…』

と、仰るではないか。
結局甘えることにした。

そこは店の名前は忘れたが
(またか)
マンションの入り口のようなところから入る
隠れ家的レストランで
まさに人妻との密会にはピッタリ

高鳴る胸の鼓動を押さえながら
いそいそと後を付いてお店に入る。
いかがわしいこと限りなし。

するとそこで衝撃の事実が!!!

…この人妻
ありえないくらいよく食べるのである。

一応
『私…よく食べるんです…』
と、はかなげな感じで言ってはおったが
大抵は
『ちょっと言ってみただけ
といった感じなものだ。

しかし目の前の人妻は
アタシがまだ一皿も平らげないうちから
すでに三皿目に突入している。
挙げ句の果てにデザートの話までしているではないか。

これでは
『恋の駆け引き』
どころか
『恋のフードファイト』
である。

これだけ食べれば
そりゃデカくもなるわ…
あっぱれな食べっぷりに感服するアタシ。
むしろ惚れ直しちゃうわ…

ちなみにアタシはあれこれ好き嫌いをいう人は
男女を問わず嫌いである。
ちなみに王子は好き嫌いがある…

同世代と言うこともあり
その後は非常に楽しくお話をさせて頂いた。
どうやらその昔
アタシとちびすけさんは
GLAYのライブで同じ会場にいたらしいことも判明

世界は広いし、世間は狭いものだ。

地球の裏側でまた出会うという奇跡に非常に感謝しているし
どうかこれからも楽しい思い出を一緒に作っていって欲しい。

『SAY YES…』
(訳:『はい』って言えよ)

しおのゆ拝

ちなみにちびすけさんはよく食べるが
非常にスリムである。
一応彼女の名誉のために言っておく。

そしてちびすけさん夫妻を我が家のシュハスコに呼んでおいて
酔っ払って寝こけたことは
一応アタシの名誉のために伏せておく…



ちびすけさんのブログ
『ちびすけのBrasil生活日記』

サンパウロをこれでもかというくらい的確にレポートしていて
非常に参考になります。
前述の通り食べることが好きで好きでしょうがない方なので
食べ物のことをレポートさせたら
彦摩呂以上の成果を残している。

ぜひ読んでみてくださいm(_ _)m




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)






Posted by しおのゆ   4 comments   0 trackback

友達の唄⑤

人には翼がない。
でも空を飛ぶことが出来た。

人には尾ビレがない。
でも海を渡ることが出来た。

空を飛び、海を渡り、
たどり着いたこの世界で
さらなる可能性をかけないでどうする。



最近習い事をしている。

お茶にお花にと忙しい。
聞いているだけで華やかな女だ。
ついでに言おう趣味はゴルフだ
聞いているだけで金のかかる女だ。

言い訳するわけじゃないが
元はと言えばどれもこれも諸事情により必要になったものばかり。
海外に出て結局は使わなくなったものの、
付け焼き刃にするのがもったいなくて
良い先生に巡り会えたこともあり続けることにした。

実際何より友達もいなくて時間ばかりが有り余る自分には
外に出る理由が必要だった。

どの習い事も楽しく
アタシのサンパウロライフを鮮やかに彩ってはくれたものの
同じ境遇、つまり
駐在員の奥様
に、会うことが出来なかった。

…奥様は何をしているのだ?

金曜日の妻達の実態を探るべく
イケない気持ちで
スーパーコンピューター通称『ばい男君』に訪ねたところ
出るわ出るわ
イケない記事が(ウソです

そんな中、ちょっと気になる記事を見つけた。

『グラスアートを習いました』

グラスアート?
なんだそれ?

見ればそれはそれは美しい写真立てが載っているではないか。

…やってみたい。

やってみたいのはいいのだが、
こっちには『ケイコとマナブ』なんて洒落た金曜日の妻達向け雑誌は刊行されていない。
習いたくてもどうしたらお教室に行けるのかがわからない。

…聞いてみるか。

もうこのパターンは見飽きた方も多いだろうが
本当にこれしか方法がないのである。
今しばらくお付き合い頂きたい。

説明など必要ないくらい
相も変わらず簡単なコメントで
グラスアートへの参加方法を伺ってみることにした。

もちろん私生活をこっそり覗いていたことは秘密だ…

しかし金曜日の妻達はアタシの想像を遙かに超えてきたのだ。

なんと妻自ら
『会いませんか』
とか言ってるではないか

ダーリン、I want you 会いたくて~
でも
ダイヤル廻して手を止めた~
のだよ?
つまり連絡は取っていないのだ。
なのにこの人妻は連絡を取ってきたのだ!
会いたいとか言っちゃってるのだ!

こうなったら
ダーリン、You love me 今すぐに~
会いに行って
あなたの声が聞きたくなるのよ~

そうして
金曜日の人妻
『ちびすけ』さん
に、会うこととなった…



にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)



Posted by しおのゆ   2 comments   0 trackback

友達の唄④

日本が懐かしくなるってことは
ブラジルを楽しんでるってことと同義だと思う。


7月15,16,17日の三日間
サンパウロでは
『Festival do Japão』(ポルトガル語サイト)
が、開催された。
festival do japão


震災後初の開催と言うこともあり
復興を謳ったブースが数多く見られ
企業ブースの他に
日本全国47都道府県の名物(らしきもの)が食べられるコーナーが設けられていた。
festival do japão3
(高知の名物『姿寿司』 但し魚類種類不明…)
Festival do Japatilde;o4
(福島の名物(?)アイスクリーム天ぷら 聞いたことないが)


まさに復興にふさわしいイベントだ。

詳しいことは他の人のブログを見て欲しい。
(それでいいんだ(笑))

アタシはそんな復興に沸く日本紹介イベントの場に
とんでもない私用を組み込もうとしていた。

『そうだ!piroさんに会いに行こう!』
(JRの広告のパクリ)


以前のブログでも書いた
愛猫に会うきっかけを作ってくださった神セブンのお一人、
piroさんがこのイベントにいらしているとの情報を
アタシのスーパーコンピューター通称『ばい男君』がサーチし
このたびコンタクトを取ることに成功したのであります!!

その後も何度となくやりとりをさせて頂いてはいたのだが
アタシのアバラ屋とpiroさんの神殿とでは
車で3時間ほど離れており、
実際にお会いするには至らなかったのだ。

今回相も変わらず
『フェスティバル来ます?
という、簡単且つ不躾なメールを送ってきたアタシに
快く
『会いましょう
とお返事をくださったpiroさん

しかし当日かなりの混雑が予想されるこの会場
(実際大賑わいでした)
一体何を目印にしたらいいだろう…

あ、写真送ればいいじゃん

で送った写真がこれ
geyパレードにて
(ゲイパレードでの一枚…)
さてココで問題
アタシはどちらの人物でしょう。
正解者の方から抽選で
『ブラジルのちょっとマニアックなお土産(返品不可)』を
なんと300名様にプレゼント

外れた方にはもれなく
『呪いの言葉』をプレゼントしまぁす
(訳:間違えた奴は呪われてしまえ

(注:現在この応募は締め切っております)

そんな冗談はさておき
この写真と同じ格好をすれば気づいてもらえるに違いない。
右の方と勘違いされて
あえて避けられても敵わないが…

不安と期待で張り裂けそうな(小さい)胸を抱えて
いざ出発。

地下鉄とバスを乗り継いで行った会場は思った以上に大混雑
こんなところで会えるんだろうか…

そう思っていたときpiroさんから着信アリ
静岡県のブースでウナギを買っているという。
やはり神は食べるものが違うのである。

数分後…
アタシ達の元へいらしてくれたpiroさんは
笑顔の素敵な方でした
piroさんも現在猫を飼っていらっしゃり
愛猫あんこちゃんとウチのニャンコちゃんの話で大いに盛り上がった

ちなみにウナギは一時間以上提供にかかるということで
お求めになれなかったそうだ。
神に対してなんと無礼な…
ウナギの蒲焼きもどきでもイイからがんばれよSHIZUOKA

同じ時期に猫を飼うことになったので
たくさんの情報を交換させて頂いた。
とはいえpiroさんは日本でも猫を飼っていらしたので
やはり先輩。
去勢後の体質の変化など、アタシが今不安材料となっていることなど
たくさん貴重な情報を教えて頂いた。

多謝…

別れは名残惜しかったが
月に帰らなくてはいけないpiroさん。
お宝を集められないアタシは
またお会いできることを楽しみにお別れした。

ブログというものにこれほどのパワーがあるとは思っていなかった。
あくまでネットの世界はネットの世界だけのもの。
本名を晒したり顔を出したりすることなどないと思っていた。
しかし今回ブログを通してたくさんの方に出会い
かけがえのない愛猫とも家族になれた。

このブログもいつかどこかの誰かの助けになればいいなと思う。
情報源としては乏しいのは認めるが
このふざけた文章でほんの少し
くすっ
と、笑ってもらえたら
笑うことで元気になってもらえたら本望である。
あのpiroさんの笑顔のように。

なのでこの駄ブログはまだまだ続く…

ちなみにアタシはお土産に
以前piroさんのブログで触れていた
『シリカゲルの猫砂1.5㌔』
を、献上した
…冷静に考えれば
遠出してきていらっしゃる方に
1.5㌔もする砂ってアンタ
でもどうしても渡したくてアホを承知でお渡ししたところ
あの素敵な笑顔で快く受け取ってくださった

この場を借りて改めてすいませんでした…(笑)
festival do japao2

piroさんのブログ
『piroのブラジル日記』
は、サンパウロ市から少し離れたのどかな場所で起こったことが描かれた
とてもほっこりするブログである。

都会の生活に疲れたアナタによく効きます。




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。