しおのゆの『ウチの王子☆サンパウロへ行く』

2011年3月末よりサンパウロ在住。この間まで現役で働き、家事なんて疎か極まりなかったこの私。そんな私が専業主婦になれるのか!しかも場所は地球の裏側サンパウロ!
Posted by しおのゆ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しおのゆ   0 comments   0 trackback

Graças a Deus ~おかげさまで~②

これも割と最近のある日のことである…

パウリスタ大通りを友達三人で
『信号に従って』
渡ろうとしたそのときのこと。

あろうことか右折車が停止線を無視して
アタシ達に突っ込んできたのである。

去りゆく車にアタシは叫んだ
『ふざ〇んじゃねぇぇぇぇぇ』
(全国の大和撫子は言っちゃダメよ

あと数歩前に出ていたら間違いなく轢かれていた…

今思い出してもはらわたが煮えくり返る思いである。

どうやったらあんな運転が出来るのか!?
一体どういう教育を受けているのか!?
そもそも免許は持っているのか!?
っていうか免許っていう制度知ってる!?
(失礼極まりないが、そのときはついそう思った)

アタシ自身完全ペーパードライバーだし
免許を取るときに講習会で
『動きやすい格好』を指定されてるにも関わらず
免許の写真をイイ感じに撮りたいが為に
ワンピ×ジャケット
とかいう勘違いな服装で現れ
会場で備え付けのジャージに着替えさせられた経験を持っている。

しかも結局撮れた写真は半目だったし…
(それは関係ない)

だから偉そうなことを言えた義理はないだろうが
アタシ達には正直全く過失がなかっただけに
腹立たしさでいっぱいだ。

このようにそれなりに気をつけていても
事件というのは起こるときは起こってしまうものだ。

正直安全なんて
1%の注意力と99%幸運で出来ている
アタシはそう思っている。
海外にいるから危ないわけじゃなく
日本にいても、家から一歩も出なかったとしても
危険がない世界なんてありえない。

アタシが服装がどうだとか
行動が危険だとかエラそうに書いたところで
自分自身が危ない目に遭わない可能性が100%になることは
絶対にない。
一介の主婦風情に上から目線で言われる話ではないのは承知している。

それでもその1%が左右するであろう安全をつかみ取って欲しい。
99%の幸運も
凝らした目の先にあると思うから。

そして誰よりもあなたの帰りを待っている人がいるから。

アタシは特に宗教を持ち合わせてはいない。

だから天国へ行きたいとも
地獄へ堕ちるとも思っていない。

死ねばそれまでだと思っている。

死ぬ間際に『これもやっておけばよかった…』くらいの後悔はするかもしれない。
でも意識が途切れたら
もうアタシの遺すものはない。
後悔も痛みも悲しみもない。
だからバケて出る必要もない。
(と、思う。死んだことないからわからないけど)

じゃあ死を悼む気持ちや生まれ変わりを願う心は一体どこにあるのか。

それはこの世に残された
今を生きる大切な人達の中にあるものじゃないだろうか。

死が辛く悲しいものとして受け止めなければならないのは
残された人達に他ならない。

そしてその別れが理不尽であればあるほど
悲しみは大きく、心を傷つけて
思い出へ変わることを阻んでしまう。

だから絶対に危ない目には遭ってはいけない。
少なくとも進んでその身を晒すようなことはあってはならない。
自分のためだけではない。
大切な人達のためにも。

アタシに言われる覚えはないだろうし
憎むべきは犯罪であり、責めるべきは犯人だ。
その事実は揺るがないものだけれど
悲しいかなこんなことが起こる世界なのもまた事実だから。

あなたの帰りを待っている人達のためにも
どうか笑顔で家に帰って欲しい。

毎日、毎年、これからもずっと。

おかげさまで
今日も元気です。

ありがとう。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)
スポンサーサイト
Posted by しおのゆ   4 comments   0 trackback

Graças a Deus ~おかげさまで~①

帰りたくなったよ 君が待つ街へ
かけがえのないその手に今 もう一度伝えたいから
帰りたくなったよ 君が待つ家に
聞いて欲しい話があるよ 笑ってくれたら嬉しいな
(いきものがかり『帰りたくなったよ』)

近頃周りが騒がしい…
結婚するとかしないとかではない。
(夏は来るけど今は冬)

アタシが歩く場所歩く場所で事件が起きているのだ。
まさにアタシは

『嵐を呼ぶ女』

いや、だからって友達を止めないで欲しい。
今のところ結局は無事だから…

まずは金曜日のこと

『爆弾強盗の現場に居合わせました』
(記事あり)

…だからちょっと待って
とりあえず生きてるから。

そして月曜日のこと

『乱射事件の現場をかすりました』
(記事無し)

…ですから置いていかないで
アタシのせいじゃないんだから。

いずれも何事もなく家に帰れたのだから
こんな記事が書けるのだけれど
さすがのアタシもこんな短期間に色んな目に遭うと
笑えない。

でもこの国へ来て1年が過ぎ
気が緩んでいたのも事実。
改めて一年ここに居て感じたことを書き連ねてみようと思う。

『ココは日本じゃありません』

そんなこと言われなくてもわかっています。
あらゆるツッコミが各方面から入りそうだが
それはそうなのだが
だからこそ考えて欲しい。

日本と同じ感覚でオシャレしてませんか?

これも
『気をつけています』
というお返事を沢山頂きそう。
確かに
・高価な物を身につけない
とか
・目立たない服装で
とかは守られていると思う。

では具体的には何かというと
帽子×日傘
である。

これがあったらほぼ日本人確定スタイルだ。

日本だったら当たり前の光景なのだが
ブラジルではまず見ない。

一つにはブラジルでは日焼け肌がセクシーであること。
そしてもう一つは傘が嫌いだということ。
ついでに帽子はビーチでかぶるもの。
サンパウロはビジネス街。

そもそもリオデジャネイロと同じ格好(ビーチスタイル)ではいけないよと
『地球の歩〇方』にも書いてある。

つまり
すごく浮いている…

気持ちはわかる
日本人的には過度の日焼けはしたくないし
アタシに至っては
シミ・ソバカスの気になるお年頃…
日焼けは親の敵よりも憎らしい。
(20代はいいわよと言っていた桃井かおりの気持ちがわかる今日この頃)

気の利いた誰かが
SKⅡでも買ってくれるのならいいのだが
(王子に聞いてみよう)
焼けないのならそれに越したことはない。

でもそれなら日焼け止めで充分だ。
どうしても日本的な物にこだわるなら
日本製の日焼け止めを使えば良い。
確かに使い心地はバツグンだし、
お値段も案外お安いはずだ。

眩しいと言うのなら
サングラスがオススメである。
ブラジルではサングラスは誰の鞄にも入っており
今のトレンドは浜崎あ〇みさんもビックリの大きめサイズ
(らしい)
ついでに顔も隠れて日本人だか何人(なにじん)なんだか
わからなくなって、ちょうど良い。

これで胸を張って歩けば
素敵なリンダ(Linda:美人)の出来上がりである。

襲われるどころか
コーヒーの一杯でも奢って貰えるからやってみて。
(必要ないかもしれないが)

アタシは日本人である。
その事実は変わらないし
これからも大事にしていきたい。

でもこれが悲しいかな
自分を危険にさらす要因にもなり得るのも事実。

サンパウロは特に日本人の方も多く住んでいるから
ライフスタイルを大きく変える必要性はないように思う。
自分が自分であり続けることは造作もないことだろう。

でもアタシは考えた。

海外に出てなお自分らしく生きたいのなら
強引に自分を貫くよりも
その国の習慣に合わせて
自分を彩る方が良いんじゃないだろうか。

肌質や服装はその国の風土と密接に関わりがあるという。
日本で似合った服装が
その国で輝くとは限らない。

せっかくその国の土を踏みしめて
風を感じているのだから
もっと入り込んでもいいんじゃない?

どう足掻いたって日本人であることは揺るがない。
ブラジルの文化を学んだからって
日本人であることを失うわけじゃない。

だったら
強盗に襲われている暇はない。
一人でも多くの男性を魅了した方が
とってもお得である(笑)

もう一度
家を出るとき
鏡の中の自分を見つめて欲しい。

そこに映るアナタはきっと魅力的だろう

でもその街に同じような人がいる?

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。