しおのゆの『ウチの王子☆サンパウロへ行く』

2011年3月末よりサンパウロ在住。この間まで現役で働き、家事なんて疎か極まりなかったこの私。そんな私が専業主婦になれるのか!しかも場所は地球の裏側サンパウロ!
Posted by しおのゆ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by しおのゆ   0 comments   0 trackback

青天の霹靂~駐在員の奥さんになった日~③

というわけで…

アタシがサンパウロに行くことになった日のことを書いてみた。

アタシの例は大げさかもしれないが
『ブラジルに行ってください』
と、言われて
小躍りして喜ぶ人はそう多くないと思う。

今でもサンパウロは強盗が出るし
日本と同じように電車で寝ることも叶わない。
深夜に酔っ払って帰宅なんてもってのほかだ。

一度王子の帰宅が遅いという理由で
マジ喧嘩になり
離婚の危機にまで陥った。

浮気の心配ではない(笑)

本当に危ないのだ。

比較的人通りが多く
明るいと言われている我が家の前の通りですら
日本人被害の強盗事件が発生したのだから。

今日元気なのはそこそこの注意力と
ほとんどラッキーに過ぎない。
海外駐在生活が素敵だなんて幻想も良いとこだ。


『海外生活』
そんな言葉に夢見てることはないだろうか。

今なら言えるが
そんなもの愚の骨頂だ。

サンパウロに限らず
大体海外に行けば
自分の常識がまったく通じず
思いも寄らぬことばかりが起きるもの。

それは何も『先進国』なら起こらないというわけじゃないと思う。

アメリカには銃があふれているし
フランスに行けば言葉がしゃべれないことを大声で笑われることもある。
(人種差別かどうかは知らないが笑うことはある)
イギリスに行けば物価は高いし
ドイツに行けばソーセージと酢漬けキャベツだ。
(少々偏見)
海外で『優雅な暮らし』が出来ると思ったら大間違いだ。

一応『優雅な生活』の基準は人それぞれだろうが
ただ金にものを言わせた生活だけなら
その国の人の嘲笑の的になって終わりだろう。
そんな生活のどこが『優雅』なんだか。
事実『パリ症候群』なんて言葉もあるくらい
理想と現実の乖離で苦労する人は後を絶たない。

言い方は悪いが
『優雅な生活』が送れるほど
その国の言語をマスターしてる人なんて
ごく少数だと思う。
なのに『海外に来た』だなんて何の自慢にもならないと思うのはアタシだけ?

だったら望もうが望むまいが
日本を離れる決意をした以上
旦那を支えつつ
この国へ来た轍を残せる様に踏ん張るしかないだろう。

そして海外に出ることになって
アタシのようなやりとりはせずとも
それなりに葛藤があった人に敢えて言いたい。

『大丈夫!着いたらちゃんとその足で立ってみて!
踏みしめればそこに辛くても足跡は残るから!』


これだけ文句を言っていたアタシが
今何とかやってきてるから(笑)
言葉も思うように出来なかったし
(今もだけど(笑))
友達も最初は全然いなかったし
(今はありがたいことに恵まれています)
何しに行ったのって禅問答のように悩んでたこともあったし
(そこは結果を残す以外答えがないんだけど)

憧れや不安は誰だってある
そして誰でも一度は価値観を壊す羽目になる(笑)

その壊れた先に何を作るかは
これからにかかってる。
振り返って
その憧れや不安を笑い話に出来るくらい
素敵な轍があることをお祈りしています。

しおのゆ拝

追記
アタシだってたまには嫌なこともあるよ(笑)
そんなときは危なくない程度に
コーヒーを飲みに行って
常識の範囲内で鼻歌を歌って忘れるようにしてるよ。
もしサンパウロで鼻歌歌ってる日本人を見かけたら
多分アタシ
気が向いたら話しかけてみてね♪




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)
スポンサーサイト
Posted by しおのゆ   2 comments   0 trackback

青天の霹靂~駐在員の奥さんになった日~②

・・・というわけで。


定時きっかりに一度仕事を切り上げ、夕飯を食べてくると職場を抜ける。
その間ウィキ○ディアで『サンパウロ』を検索。
2部印刷をして持っていく。
(できる嫁だ)

しかし『サンパウロ』・・・
かなりの強敵だ。
石を投げたら強盗に当たるんじゃないかと思うくらいだ。
(一日に700件おきているらしい)
しかもこの数字は『窃盗』は抜きだ。
そしてそのときは
『絶対に逃走・抵抗を試みてはならない』
・・・どんだけ恐ろしい国なんだ!
抵抗するなはまだわかる。
逃走するなって!
死んじゃうだろうが!!!

つけうる限りの悪態をつきながら王子の待つ職場へ。

ニコニコしながら降りてきた王子を見ると
『この話は実はエイプリルフールでぇ☆』
なんて甘い考えが浮かぶのだが
これは現実。
真剣に取り掛からねば。

まずアタシの持参した資料を元に
『いかにサンパウロが危険な場所か』
を、あらん限りにプレゼンする。

すると王子は
『でもいいところだって言ってたよ~』

だから・・・
まぁいいよ。続けて。

『僕、ポルトガル語研修受けてたし~』

確かにそうだ。
でもアタシは知っている。
昔付き合っていた男がポルトガル語を選択していたが
結局今もポルトガル語圏には言っていないことを・・・

でもこれを言うと面倒だ。

さぁほかには!
・・・っていうかコイツなんでこんなに笑顔なんだ?
・・・もう気持ちはサンパウロなのか?

裏切り者め!!

頭にきたアタシは
・今週中に『サンパウロに行くことによって得られるメリット』を5個以上あげよ!
という身もふたもない宿題を出し、

敵を知らねば戦法は練れぬとブラジルに関する資料を集めに本屋へと移動。
しかしそこへきて愕然・・・

まず旅行ガイドブックを手に入れようと探してみると
地球の歩○方しかブラジルを扱っていない
(しかもベネズエラとセット)
ほかの出版社はサンパウロどころかブラジルすらもかすっていないのだ・・・

それでも何かないものかと探してみると
『危険な旅』『ブラックロード』
等々、禍々しいタイトルのオンパレード。

・・・神様は一体アタシに何をして欲しいのだろう。

とりあえず地球の歩き○だけを購入し
(これが唯一まともだったから、っていうかこれしかないし)
近所の喫茶店でお茶を飲みながら実家の母に電話をする。

アタシ:『あのさ、彼ブラジルにいくことになったから』

母:『あぁ~そうなの?遠いわね~アンタじゃあ結婚するのね』
まぁそうだけど、それより他に言うことないかい?

母:『結婚するならお父さんには自分で言いなさいよ~』
いやそれは一番大変だ。じゃなくてさ

ブラジルって遠いんだけど。危ないんだけど。

母:『ブラジルってさ、穴掘ってったら着くんでしょ?』

・・・
・・・そうだね
そんなもんだね。
穴掘っていけばブラジルに行けるわ!
(行けねぇよ)

お母ちゃんにとっては日本の裏側にある国だってことで終了らしい。

それでいいのかもしれない。
何はともあれ、この現実を受け入れるより他なさそうだし、
何せ日本の裏側だ。
きっと見たことも聞いたこともないようなことがあるに違いない・・・

そうなったらサンパウロでいかに快適に過ごすかを考えようではないか!

こうしてアタシのサンパウロへの抵抗は終わった。

というわけでアタシの駐在員婦人(昼メロみたいだね)人生はブラジル・サンパウロから始まることになった…





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)

Posted by しおのゆ   2 comments   0 trackback

青天の霹靂~駐在員の奥さんになった日~①

名字が変わるってのは
本当に面倒だ。

でもそれ以上に面倒だったけど
振り返れば楽しかった
とある一日。

今思えばこの日からアタシのサンパウロライフは始まっていたんだろうな…

今ではネタに事欠かないこの日記。
楽しくやっている毎日は
他ならぬ周囲の人達のおかげである。

じゃあ今が楽しいからって
アタシがサンパウロに来たくて来たかというと…

それがまったくもって来たくなかった(笑)

大半の方と同様
『ブラジルって危ないんでしょ!?』
と、思っていたし、
アマゾンくらいしか印象になかったのだから。

そんなアタシがサンパウロに行くことが決まったある日の話…

春うららかな4月の午後のこと。
うちの王子から一通のメール。

『異動先決まったよ~』

一応それなりに重要な話のはずなのに相変わらずノンキにもほどがある。

ただ、こちらとしては今までにそれなりの経緯を聞いていたし、
自分も昔は同じ職場にいたこともあり
あまり驚くこともないだろうと思っていた。
”その一言”を聞くまでは…

王子:『電話してもいい~?』

はいはいどうぞと携帯持って廊下に出ると、早速かかってきた。

王子:『あのね~さっき上司から話があったんだけどね~』

前振りはイイからさっさと用件を言え。

王子:『赴任先なんだけど…』

ん?なにやら言いづらそうだ。
気になって先を促す。

王子:『サンパウロになりました』

・・・
・・・・
・・・・・
サ、サンパウロ!!!???

サンパウロってどこだよ?
サン・パウロ?
サンパ・ウロ?
どっちだよ!
…ボケたってしょうがない。

ブラジルじゃん!
日本の裏側じゃん!
南米か!
いやボケてもしょうがない。

確かアナタはアタシに言いましたね?
『先進国(欧米)で希望を出しておいたから~』と。
『偉い人(人事権)が押してくれるって~』とも。
ブラジルは先進国か?(ブラジルごめん)
不健康地指定を受けていなかったか?
殺人発生率は日本の11倍だぞ?
知ってるか?信号は止まっちゃいけないんだそ?
止まったら強盗に襲われるんだぞ?
日本の常識はこの国では通用しないんだぞ?

正直、結婚詐欺である。

王子:『でも偉い人(人事権)がサンパウロはとってもいいところだって~』

誰が
『ココは危険だらけで大変だ。死ぬかもしれないが行ってくれ』
なんて言うか!バカ!
どんだけコイツはお人好しなんだ!
(あ、だから私といられるんだった…)

『もしいやだったら断ることもできるんだけど…』

…それは無理だろうな。
過去の経験から異動先を拒否することはほぼ無理だ。
万が一成功したとしても条件が良くなることはない。
もっと悪いところを提示された上で今度こそ拒否はできない。

これはもう決まりだ…

定時になったら一度抜けるから1時間時間を作れ。
と告げて一度電話を切る。

さてどうしよう…

続く




にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ


あ、オレオレ。
ちょっとココ押してくれる?
(オセオセ詐欺)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。